継続的報酬で稼ぐ法則
稼げる高額案件掲載サイト

予備知識  > 新着情報

ブログからの最新コメント

ブログからの最新エントリ

予備知識 - 新着情報

まだまだインデックスは増やせる

カテゴリ : 
SEOネタ
執筆 : 
ohno 2012/11/21 12:00

SEO対策「2011-11-18 改訂版」



今回面白い事に気付いた。
各、モジュールにはタグを付けてインデックス登録してたのだが、
そのなかの記事については登録はしていない。
このひとつひとつも登録すれば、自サイトでは数百ページ分増える。
これは他にもメリットがあり、
相互リンクする時に、これだけのインデックスされたページから
リンクしますと言ったアピールにもなるからだ。
ディレクトリ型検索エンジンに無料登録
http://www.777search.net/free/linkup/
あなたのサイトにリンクを張っていただいた数と同数の
ディレクトリネットワークに、無料で登録がうり!
ただし、個人情報の記載が必修となっている
リンクタイアップへのお申し込み時にはサイトの審査が必要になりす。
これは、あなたのサイトを有料のディレクトリに登録するため、
通常の広告主と同様の審査基準に従って、審査をするからとの説明。
厳格な審査基準を設けることにより、リンクタイアップいただける
サイトも、質の高いサイトから一方通行の被リンクを
得られることになる

ただし、Googleにインデックスさすにしても画像認証が必要なので
数時間の作業が必要になってしまった。
まとめてでなく、記事の投稿した時に、合わせて
インデックス登録すべきって事ですね
<h1>SEO対策「2011-12-05 改訂版」</h1>

ディレクトリ型検索エンジンに無料登録してもらえれば、
被リンクをもらえるだけでなく、わずかでが、広告掲載料も
もらえます

キーワード出現頻度を増やす

カテゴリ : 
SEOネタ
執筆 : 
ohno 2012/11/21 6:00

SEO対策[2011-12-10改訂版]



最近検索順位が100位以内に現れるものの、すぐ圏外に成ってしまう
そこで、まだ対策を行って無かったキーワード出現頻度について対策を
講じる事にした。
リンクを増やす事には抵抗が有るが文字数を増やし、さりげなく
キーワードを配置する事には何ら問題ないだろう
文章がキーワードの羅列にならないよう、多少のバランスは必要だが
TOPページは見た目重視の所があるので、こちらのほうが
気をつけるべき内容かな?(笑)
ともあれ、SEO対策にしたい言葉を3%ぐらいにバランスよく
配置することを意識した

対応策としては、間違ってないのだが、
さりげないと本人が思ってもこれを理解するのはロボット
時間はかかるが、トライ&エラー

よいホームページとは

カテゴリ : 
SEOネタ
執筆 : 
ohno 2012/11/20 19:00

SEO対策「2011-11-13 改訂版」



アクセス数で有ったり、ユニーク数より訪問率の
高いリピーターなど特定のユーザーで有ったりと
その目的によって質の高さを計る場合もあります。

しかし、あなたのホームページがどんなに素晴らしくても
その評価の一つとしてgoogleのページランクがある以上
この評価は事実と受け止めなくては
成らないでしょう「検索順位と無関係」

このサイトではページランク3まで3ヵ月、ランク4まで
6ヵ月とほぼ順調でしたが、、、、

あなたが、この記事を読んでいるとすれば、少なかれ
SEO対策をしているか、アクセスUPに興味があるとの
事でしょう。
そこで、あなたに聞きますが、どれだけサイトで得た知識を実践してますか?
まず、しなければならない事は想像する事、知識を得る事でなく
確実に実践していく事です。
但し、不用意にSEO対策の記事の通りにして成功するとは限りません
私の場合どれだけ、今までサイトで実験してきたか解りません(笑)

ここで、評価の高いサイトの共通点についてまず把握する事から
始める事にしましょう。
因みに、ただホームぺージを眺めるだけでなく、自分で文章化する事で

その内容をより理解いできるのであなたも試してみましょう。

1・テーマを意識したハブサイト
  これは、そのサイトより最新でその情報量が多いなど

2・マニアックなサテライト
  たとえば、風俗などのサイトであってもその情報を望む人が多いなら
  多少不快感もありますが、未成年の家出サイト掲示板で
  少女が沢山いるサイトがランク4であったり、出会い系サイトが
  ランク6であったりと

3・ツールの配布や比較サイト、
  これも、質と量を兼ね備えていなければ評価を受ける事は難しいでしょう

参考にページランクをまとめたサイトを紹介します
ページランク表示リンク
URL:http://crankhaus.com/


サイトの方向性について

構成を再確認し始めてみると、内部構成も気になりますが、
このサイトの方向性を明確に定めないと
次のステップけは進めないでしょう!
これからはその内容を充実すべく専念する時期に入ったのです、
今度は、多く人から見られるサイトにしていか無ければならない
そのような考えの元に再編成しなければグダグダなサイトになって
到底ページランク5どころかランク3に逆戻りしてしまう事でしょう


更新頻度を無視してでも内容が充実したものを掲載

ある意味ものブログのページランクを見ればわかるとおもいますが
更新頻度はインデックス数の増加に役立ちはしたけれど
これ以上増えるどころか減りさえもしています。
ページランク3までは普通に運営していけば獲得出来たとしても
ランク5に高めようと考えるなら、それ相応のサイトでないと成らない
ことは、用容易に想像できる事でしょう。

自分の考えを検証し内容を精査するには、とても時間のかかる事です、

より多くの人に「確かに!!」と思ってもらう事でブログそのものの価値が上昇します。
その為にはこれは必要不可欠な要因となったのです

ここにある面白い記事の一部を掲載します。
   1. 「である。」「?と言う。」、「?のである。」など論文の様な書き方のサイト
   2. クラウドタグでSEO対策を施すサイト
   3. 調べなければ意味が分からない業界用語が頻繁に出現するサイト
   4. メルマガの転載
   5. アフィリエイト・情報商材リンクが目立つサイト
   6. 俺様、て高飛車なサイト
   7. 根拠データが無いのに、○○なのです。と言い切っている
   8. 画像が重くブラウザーの表示が追いつかない
 
この内容に当てはまるものがありませんか?
これは、見たく無いサイトの一例だそうです。
確かに納得のいくものでありながら
つい、他人の受け売りなど掲載してしまえば「と言う」や
確信もないまま、「と言いきる」はSEO対策のブログには多い
なにせ、日々刻々と移り変わる環境のなかで、確固たる支持を受けるサイトが
どれだけ存在するだろうか?
しかしながら、表現一つでサイトの信ぴょう性が違うのは間違いないでしょう



リピーターユーザーを獲得するために

実は、サイトの方向性を定め、質の高い情報のみ発信すれば、この案件は
クリアできるはずなのです、
逆にいえば、リーピーターがいないはサイトにテーマが無いか
多くの人に興味をもたれるもので無いと成ってしまいます。
しかしながら、これが問題で、その動向を探ろうとすれば
テーマがぶれてしまいます。
サイトを育てるとは大変時間の掛かるものです。
諦めるか続けるかは有る意味、賭けかもしれませんね


コンテンツ内で気を付ける事柄

検索結果が上位に上がる事をだれしも望んでいますが、当然簡単な事では
ありませんよね。
当然使用する言葉に気を取られていて文章は書けないかも知れませんが
知っておくべきはキーワード出現頻度です。
検索上位に有るサイトはこのような対策までちゃんと行っているようです
検索エンジンはキーワードとWebページの適合度を測る指標の1つと考え、
キーワードがどのような位置に記述されているのかによって、
Webページの重要性を判断するものです。
Webページを構成するHTMLソースの中で前方に記述されるものほど、
また各要素内の先頭付近に出現する語句ほど、
より「目立つ」ものとして強い重みをもつそうです。
しかし、たとえばこのサイトのように、SEO対策のキーワードとして
稼ぐをそのまま、くりかえすように使用したとすると、これもまた
不自然な行為と認識されてしまうのです。

※共起語を用いてキーワードを分散すれば対応できる。

これは、検索ロボットは言語を前後の単語や文章から、
判断する事が出来ず、数学・統計的に分析する事で
我々人間と同じように語の意味を扱っているからです。
1ページ当たりの出現率も大事となる訳です。

語の共起情報を用いたWeb検索
http://www.matlab.nitech.ac.jp/HP/search/index.html

Googleなども、そのキーワードが書かれているインターネット上の
ページを分析し、多くのページで使われている単語を割り出し、
そのサイトがどの様なカテゴリに属するサイトであるかを
理解していると推測できるため
競合サイトに出現する単語をピックアップする為に、
キーワード出現頻度解析ツールを利用し対策を練るなども
頭に入れておくべきでしょう

ページランク4でしか出来ない事
実はサーチエンジンに登録依頼をしても、相手のランクが高ければ
こちらもそれなりのサイトでないと相手にして貰えない。
相手を選んで、類似するサイトからの被リンクを得ることが
出来るのは、ページランク5からだと思う、
しかし、ランク4であれば、多少なりとも登録申請に
有利である事は間違いない。



結局のところ、閲覧者に望まれるサイトでなければ
自己満足に過ぎないといったところでしょうか

ボットチェッカーをご存じですか?

カテゴリ : 
SEOネタ
執筆 : 
ohno 2012/11/20 6:00

SEO対策[2011-10-31改訂版]

SEOが気になる人はやはり、大手ポータルサイトからの
巡回がいつきているのか気になったりするもの
この「ボットチェッカー」を貼るだけで、
Google、Yahoo!、MSNの
検索ボットがあなたのサイトに来た日付を表示して確認できます。

http://www.botchecker.com/service_gblv_index
結果


プログラムが古いようで、インデックスや被リンクは正常に作動していません

今では、あまり重要ではありませんね
以前はそれなりに設置されているサイトも多かったもですが
いまでは見かけません

掲示板への投稿と被リンク効果

カテゴリ : 
SEOネタ
執筆 : 
ohno 2012/11/19 19:00

SEO対策[2011-10-21改訂版]



検索サイトへの登録依頼と違い、掲示板への投稿は簡単です。
しかし、以前と違い、
インデックスとしては表示がされる物もあるようですが、
被リンク効果はなさそうです。
確かに、これほど情報がおおい中では、
改めて掲示板って、ものでも無いですね
確かに、掲示板でホントに公開したい情報を一斉に流すなら
ツイッターやフェイスブックのほうが、
遥かにアクセス数を得る事ができるだろう。
また、Googleは質の悪い(有害な情報・アダルトなど)
からのリンクを受けてると、
そのサイト自体も評価の悪いサイトと見なされると言った事を、
耳にするのではないでしょうか?
数にもよるのでしょうが、100や200程度で評価を落とすので
はないでしょうから、自分で大量に登録していなければ
気にする事も無いでしょう
もし、逆にそうで無いのなら、同じ、キーワードで検索する時の
自分のページの上位にあるサイトURLを連続投稿ソフトで
片っ端から評価を下げるなんて事が可能になると言う事になります
実際、掲示板への投稿した記事を削除する事ができない場合も
多いようですし、その辺も注意したほうが良さそうですね


たしかに、数を増やすことに専念していた時には有効と思いましたが
同じカテゴリーに属する被リンクが有効で、なんでも良いと
数合わせをすることがSEO対策に有効であるかは疑問です。
それに、掲示版に投稿した場合、削除したいと思ったときに
難しいため、この方法を推薦しない人も多いようです