継続的報酬で稼ぐ法則
稼げる高額案件掲載サイト

限界突破情報  > 新着情報

限界突破情報 - 新着情報

ビットコインの採掘について



暗号通貨はよく金に例えられます

流通するお金はその発行する政府に管理されながら

紙幣が発行され、年を重ねるごとに増え続けますが、

金は埋蔵量が把握されており、急に増える事は有りません

そして、その利用目的は多彩に及び 現時点でも

長い時間軸で考えれば 上がり続けています

p2p


なぜ、金の価値がさがらないか?

それは需要が増えるのに採掘量が限られているからです



では話を暗号通貨にもどしますと

採掘と言うのは、完全なる比喩で、実際は、

取引の承認作業をしています。


ビットコインの取引は、承認されてはじめて大丈夫だと確認される。

それまでは、二重支払があったり、

もしくはニセや改ざんした取引だったりするかもしれない。

この承認作業というのを、いろんなひとが競争してやっています。


これが「採掘」の実際のすがたです。

承認作業において一定のビットコインが与えられる

「新規に生成され、承認作業をした方のものになる」

p2p

では、採掘権を得ることができれば一攫千金が狙えるか?

新な暗号通貨での採掘であれば確かに面白いかも知れませんが

まさにゴールドラッシュで

ほんの一握りの人のみが利益を手に出来るでしょう

暗号通貨の始まり

カテゴリ : 
ネットビジネス最新情報
執筆 : 
ohno 2016/2/14 7:30

ビットコインはどのようにスタートした?



暗号通貨の事を語るにはビットコインについて学ぶ必要があります

現在、暗号通貨と言えば投資の対象と考えられ、そのように思う投資家を

対象とした詐欺もまた増えてきています


暗号通貨(クリプト・カレンシー)とは、

暗号を利用して、偽造したり、情報を書き換えたりできないような電子通貨です

現在、日本では法の整備ができておらず通貨として認めていません

また、物でもない為 「価値記録」とされています

マスコミでは仮想通貨と呼ばれ、同じもので有りながら

まったく違う呼ばれ方をされているのが現状です



騙されない、また 有効に使いこなす為にも なぜ暗号通貨が必要であったか

そして、どのように 流通してきたのかを確認してみましょう


通貨流通



ビットコインは1本の論文から始まった



2008年にサトシ・ナカモトという人物が

暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストがあり、

『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』

という論文を投稿してきました。

従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、

P2Pの仕組みを利用して分散処理し、

暗号化の技術と組み合わせることで、

ビットコインの信頼性を担保するというものでした。

P2Pとは『Peer to Peer』と呼ばれ

対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする

通信方式を指します

インターネット、イーサネットなどのように無数に広がるものでなく

1対1の通信ですので、情報元の特定ができる

ようは、不正が出来ないと言う意味です


この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、

2009年にビットコインが初めて『発行』されます。



「ビットコインが初めて使われたのはピザ?」



あるエンジニアが、「ビットコインとピザを交換しない?」

と暗号化通貨のメーリングリストに投稿したとされています。


このジョークを面白いと思った別のプログラマーが、

ピザ屋に注文しビットコインと交換しましたとされていて

この取引が、ビットコイン史上初の商取引と言われています。



ビットコインの価値が上昇するのはなぜか



ビットコインは最大発行数が2100万ビットコインと決められています。

しかも、4年ごとに発掘できる量が半分になっていきます。

だんだん発掘量が少なくなっていくので、

少しでも多く手に入れようと採掘競争が始まります。


当初は、普通のパソコンでも採掘できたのですが、

競争が激しくなり、交換所がスタートし、今日のように高値での取引になりました


このようにビットコインは、

ほんの一部の研究者やプログラマーが研究のためにはじめたもので、

いつのまにか世界中に広まったのです。

ビットコインのプログラム自身がビットコインをコントロールして

誰も管理していない、自律した仮想通貨であり

P2Pで管理されているので不法取引が出来ない

これが、暗号通貨です

暗号通貨とは

カテゴリ : 
ネットビジネス最新情報
執筆 : 
ohno 2016/2/7 9:22
円天というのは波和二が創業した株式会社エル・アンド・ジーで運営していた

電子マネーでした。

この会社にお金を預けると、たとえば1年毎に、

10万円分の円天というマネーが発行されるとうものだった

電子マネーとはいえ、円天市場でしか使えないので、

出資した配当をその企業で利用できる

この円天は、いろいろな場所で使えるという触れ込みで、

利息のかわりだと宣伝された。

しかし、買い物はごく一部の場所でしかできず、

円天も際限なく発行された。

新しい出資金がなければ配当が支払えないという

典型的なネズミ講として警視庁は詐欺容疑も含め

出資法違反としての事件となった


現在において、暗号通貨と電子マネーは同じように考えられ 

正しく伝えられていないが為これらを混同しているかたが多いのが現状でしょう

暗号通貨




法整備も満足に出来ていない状況で、

ビットコインの高騰からも見てとれるように投資として注目を集めている


そこで、概念を整理してみましょう


電子マネーとは、紙幣や硬貨を使わないで、決済を実現する手段の事です


暗号通貨も、電子マネーとして使える特徴を持っています。


そもそもビットコインは紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨なので、

電子マネーとして使えるのは当然のことです。


紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、

実態はお金です 違うのは発行機関が違うだけです

何らかの端末に円をチャージするというものではなく

まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替するのです


電子的にビットコインでの決済を実行すると、

自分の所有しているビットコインが減り、

お店の所有しているビットコインが増えます。


仮想通貨=電子マネー、ではありません。

http://i-d-c.co.jp

このサイトではリニューアル中に着き今なら登録するだけで5000円相当のマイレージが溜ります

現在ビットコインに変換できるようサイトを整備中!

「FaceBookページ」いいね設定方法

カテゴリ : 
実践マニュアル
執筆 : 
ohno 2016/1/24 23:50

「Facebookページ」へのいいね!「サイト」へのいいね! には違いが有ります

「Facebookページ」へのいいね!を検索しても情報が古かったので
作成しなおしました


いいね!ボタン設置にはFacebookアプリの作成が必要です。

1.Facebookアプリの作成

まずはFacebook Developersへアクセスします。

ヘッダーにあるメニューから、[My Apps] を開き、[Add a New App] を選択します。

一番右の「ウェブサイト」を選択します。

Quick Startsという画面が表示されますので、

入力欄に任意の名前を入力します。

アプリの名前はあまり気にする必要はなさそうです。

入力できたら、直下にある「Create New Facebook App ID」ボタンをクリック。

Create New App IDという画面が表示されますので、 アプリ作成ボタンをクリック。

以下のような画面になりますので、 画面右上の 「Skip Quick Start」をクリックします。

2.Facebookアプリの設定

上記画像から、クリックした後、よくわからないページに飛ばされてしまい

ここで、仕切り直しをさせて頂きます

Facebook Developersへアクセスします

ダッシュボード画面の左メニューから「Settings」を開きます。

Contact Emailを記入して「Save Changes」ボタンをクリックして 設定を保存します。

ADD Reviewへ移動し Make ADD public?をYesにします

確認のメッセージがでますので 次に進みます


ここまで来ましたら後一息

アプリ名の左にある丸が緑になっていれば成功です!
アプリがアプリとして有効になりました。

3.いいね!ボタンの設置

まずは、いいね!ボタン生成ページへアクセスします。

ページ上部にあるフォーム部分に必要な項目を入力していきます。
「URL to Like」はいいね!させたいページのURLを 、Widthは幅を指定しておきます。

  • standard
  • box_count
  • button_count
  • button

上記のような設定が可能ですので好きなものを選択

生成されたコードをコピー&ペーストでOKです





現時点でわかった事
アメブロでは設置できませんでした。また、日本語ドメインもまた表示されません

でも、一般的なサイトでは問題なく作動していますので、ご心配なく

この手順で大丈夫です

何十万もする動画が無料で?
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBo_9uL5cjkbAjOc39E8uNAtzbKrmyVgR
モチベーションの高め方

これは、ほんの一例です インターネットを返して動画を配信する場合
その多くはこのように 無料で入手が可能です

たしかし、これらの情報が今、配信されている中で
最新の情報でない場合も当然ありますが

その内容を知らない方には必要な情報である事に間違いは有りません

技術より お金を稼ぐにはマインドだと言われる理由も

この動画を順に見ていけば理解できるとこでしょう

トピック一覧

フォーラム トピック 返信 閲覧 最終投稿

フォーラム一覧

運営コンセプト

新し選択肢を見つける為のアプローチを考える

現実→アイデア→着想→実現
流れを思考するには
何が必要か考える

現実:どんな問題が有り、何に着目するか焦点を絞る

アイデア:世の中の人々が何を望んでるか? その行動や要求を観察
対応する為の時間や新しい技術も考え練り上げる

着想:シナリオを作り、実験、実践をくりかえす

考えるだけでは、何も変わらない事実を理解する必要があり

利用者の立場に立ち考え、あなたの求むもを作りだす

実現:項目の達成を目指す

新たなメッセージの配信を常に考え、最初のステップに戻る

上記に書いた内容は至って普通の事柄を箇条書きしただけだが
どんな分野においても、最低限必要不可欠であるに間違いない
これこそ、この情報のコンセプトであり、
思考をデザインする発想の 根本となる