継続的報酬で稼ぐ法則
稼げる高額案件掲載サイト

限界突破情報 - 暗号通貨とは

暗号通貨とは

カテゴリ : 
ネットビジネス最新情報
執筆 : 
ohno 2016/2/7 9:22
円天というのは波和二が創業した株式会社エル・アンド・ジーで運営していた

電子マネーでした。

この会社にお金を預けると、たとえば1年毎に、

10万円分の円天というマネーが発行されるとうものだった

電子マネーとはいえ、円天市場でしか使えないので、

出資した配当をその企業で利用できる

この円天は、いろいろな場所で使えるという触れ込みで、

利息のかわりだと宣伝された。

しかし、買い物はごく一部の場所でしかできず、

円天も際限なく発行された。

新しい出資金がなければ配当が支払えないという

典型的なネズミ講として警視庁は詐欺容疑も含め

出資法違反としての事件となった


現在において、暗号通貨と電子マネーは同じように考えられ 

正しく伝えられていないが為これらを混同しているかたが多いのが現状でしょう

暗号通貨




法整備も満足に出来ていない状況で、

ビットコインの高騰からも見てとれるように投資として注目を集めている


そこで、概念を整理してみましょう


電子マネーとは、紙幣や硬貨を使わないで、決済を実現する手段の事です


暗号通貨も、電子マネーとして使える特徴を持っています。


そもそもビットコインは紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨なので、

電子マネーとして使えるのは当然のことです。


紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、

実態はお金です 違うのは発行機関が違うだけです

何らかの端末に円をチャージするというものではなく

まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替するのです


電子的にビットコインでの決済を実行すると、

自分の所有しているビットコインが減り、

お店の所有しているビットコインが増えます。


仮想通貨=電子マネー、ではありません。

http://i-d-c.co.jp

このサイトではリニューアル中に着き今なら登録するだけで5000円相当のマイレージが溜ります

現在ビットコインに変換できるようサイトを整備中!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

トピック一覧

フォーラム トピック 返信 閲覧 最終投稿

フォーラム一覧

運営コンセプト

新し選択肢を見つける為のアプローチを考える

現実→アイデア→着想→実現
流れを思考するには
何が必要か考える

現実:どんな問題が有り、何に着目するか焦点を絞る

アイデア:世の中の人々が何を望んでるか? その行動や要求を観察
対応する為の時間や新しい技術も考え練り上げる

着想:シナリオを作り、実験、実践をくりかえす

考えるだけでは、何も変わらない事実を理解する必要があり

利用者の立場に立ち考え、あなたの求むもを作りだす

実現:項目の達成を目指す

新たなメッセージの配信を常に考え、最初のステップに戻る

上記に書いた内容は至って普通の事柄を箇条書きしただけだが
どんな分野においても、最低限必要不可欠であるに間違いない
これこそ、この情報のコンセプトであり、
思考をデザインする発想の 根本となる